teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


辞める勇気

 投稿者:老頭児  投稿日:2015年 4月17日(金)11時11分49秒
返信・引用
  ◆“never give up!”をいまどき叫ぶ候補がいるのには驚く。なぜにしてそこまでしがみつくのか……。
*以下引用
 地方議員は、議会の平均会期日数が90日弱と仕事が少ないにもかかわらず、高収入を維持している。
 都道府県議の月額報酬の平均は約80万円。一般市議で約40万円、町村議で約21万円。なかでも目を引くのは全国に20ある政令指定都市市議の約77万円だ。県議とほぼ同額である。こういった状況に批判はあるものの、政令市議OBはこう本音を話す。
「議員主導で報酬を下げようなんて提案が議会で通ることは絶対にあり得ない。そもそも自分たちが高給をもらっているとの感覚が彼らにはない。
 会期日数の短さなどが槍玉に挙がるが、地方公務員法第24条には〈職員の給与は、その職責と責任に応ずるもの〉と定められている。市議の身分は非常勤・特別職の地方公務員に該当するので、“実働時間や仕事の内容は報酬額に関係ない”と考えている地方議員が大半だ」
 要するに自分たちは特権階級だというわけである。地方議員の本性は、税金を食いものにしながら快適な「センセイライフ」を送るシロアリ集団ではないか。
 この異様な地方議員の姿は日本特有のものだと知っている有権者はどれだけいるだろうか。地方自治行政に詳しい日本大学法学部教授の甲斐素直氏(憲法学)が指摘する。
「イギリスやドイツでは、地方自治法によって地方議員は『名誉職』と規定され、交通費などの実費を除き、月に数万円程度の手当しか出ません。アメリカでも給与を得ているのは年間を通してフルタイムで働く大都市の専門職議員だけで、あとは議会までのガソリン代など実費支給のみのボランティア議員が大半です。
 しかも報酬を得ている専門職議員でも、人口約100万のハワイ・ホノルル市議で年収約5万2000ドル(約630万円)。人口840万人を擁するニューヨーク市議でさえ11万ドル(約1350万円)程度。日本の地方議員の高給ぶりは他の先進国と比べても突出しています」
 おまけに地方議員の数も日本は他の先進国と比べて桁違いに多い。甲斐氏によれば、前出・ホノルル市で9人、人口約65万人のシアトル市で9人、400万都市のロサンゼルス市でもたった15人だ。アメリカ最大の都市ニューヨーク市ですら51人しかいない。
 一方、人口370万人の横浜市の市議定数は86人、126万人のさいたま市は60人の市議がいる。同規模のアメリカの都市と比較すると、日本は5倍の人数である。
「過剰人員に加えて、日本の地方議員は大半が専業であり、議会運営に投じられる税金も巨額。にもかかわらず、図体が大きい分、欧米と比べて、住民の声が地方行政に反映されにくいという本末転倒な事態に陥っている」(同前)
 安倍政権の大物閣僚が続々と統一地方選の応援演説に駆け回っているのは、国政選挙の際に手足となる実働部隊を大量生産するためだ。
※週刊ポスト2015年4月24日号
 
 

春到来

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2015年 3月 3日(火)14時41分50秒
返信・引用
  遠い昔からずっと
毎年毎年
また今年も
季節は巡る
 

あけまして

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2015年 1月 7日(水)20時25分36秒
返信・引用
  おめでとーございます。
なにはともあれ。
 

気をつけよう

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2014年12月12日(金)16時10分12秒
返信・引用
  景気一番を謳う甘い言葉のコマーシャル
 

この道って?

 投稿者:老頭児  投稿日:2014年12月12日(金)11時57分46秒
返信・引用
  ◆この道しかない!傲慢でおぞましく居丈高なもの言いには辟易◆山を登るにしてもいろいろなルートはある。リーダーの小さな勘違いは大きな間違いのもとで大量遭難を招くことがある。墓碑銘に《この道はいつかきた道……》。  

ちょいさぶ

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2014年11月 4日(火)18時24分27秒
返信・引用
  あんなにあちかったのが、
もう、コタツの季節で。
 

ざんしょ

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2014年 8月21日(木)15時07分55秒
返信・引用
  いやいや、あちーのなんのって  

馬を人間と交代させよう

 投稿者:ココアタマ  投稿日:2014年 7月11日(金)00時45分31秒
返信・引用
  ウマネンによる政治はもう勘弁してもらおう。
国民の声をよく聞き、差別をしないこころと、考える頭を持った
品格のある人間にそれをやってもらおう。
 

まだ間に合う!と思いたい。

 投稿者:老頭児  投稿日:2014年 7月 7日(月)19時08分58秒
返信・引用
  《発言》―1
“品性下劣”でも致し方ないが,「品格」を失うな!
 「レイプする人は元気なヒト」「犯罪人の両親は市中引き回し!」「子どものいない女性に税金を課せ」などと,今に始まったわけではないが,政治家と称する人種の“不適切・不穏当発言”が耳につく。加えて,発言の経緯を後日とやかく説明する姿は,醜悪のなにものでもない。
 「(SEXなんか)やって減るモンじゃない」「献血すればエイズ検査にもなる」と,訳のわからないことを平然と口にする地方議員,それも女性議員がいるとも聞いた。そして,この発言の現場に居合わせた女性は唖然とし,自分の耳を疑い言葉を失ったという。二度とそいつの顔は見たくない,と彼女が決意したのは当然である。
 どいつもこいつもだが,誤解を招き,説明を要するような曖昧で気配りのない発言は厳に慎むべきだ。これは基本原則である。
 とは言っても,欧米では当たり前の「ノーブレス・オブリージュ」(社会的地位にあるヒトは,その分だけ社会的責任が重い)のかけらもない人種相手に,いくらこれを説いても“ウマネン”(馬の耳に念仏)である。
 困ったモンである。(『ココア通信』「発言」2003年7月21日付より転載)
 

おいしい話

 投稿者:サニン  投稿日:2014年 2月11日(火)23時17分33秒
返信・引用
  「ピアノが弾けて作曲などのお手伝い出来る方・・どうですか?」


世間は、お金があればこそ振込詐欺や

危ない投資話にひっかかるんですかね。

うっかり才能があれば、これはこれでまた作曲詐欺にも

巻き込まれる。平凡でいられること、これまた才能。

平凡はありがたい。
 

レンタル掲示板
/42