投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こちらでは初めまして!

 投稿者:管理人 葉子  投稿日:2006年12月11日(月)02時41分29秒
  しーちゃん大佐さん、軍人であらせられますか。
ご丁寧なご挨拶、恐縮でございます。
どこから見ていただいても大したものは置いてませんが
喜んでもらえたらこんなに嬉しいことはありません。
怠け者の管理人ですので、更新が滞っておりますが
ハラコトへの愛情はたっぷりあるので、そのうち頑張ります。
どうぞ、またお越しくださいませ。
 

はじめまして!

 投稿者:しーちゃん大佐  投稿日:2006年12月 6日(水)00時58分41秒
  はじめまして。
先日、葉子様にメールをさせていただいた者です。
ワクワクしすぎて、何処から拝見しようか迷いまくっている真っ最中です。
数作、小説を読ませていただきました!
読ませていただいているうちにどんどんとストーリーに引き込まれて夢中でイッキ読みしまいました!
改めて言わせていただきます。
ハラさん好きだーーー!
センセ萌ぇぇぇぇぇ!!
葉子さんの小説、大好きです!
こんな私ですが、宜しくお願いいたします。
 

そうだーこれでいいんだー!!

 投稿者:管理人 葉子  投稿日:2006年11月29日(水)01時26分42秒
  スカッと爽やかなどと言っていただいたのは生まれて初めてです。
この感激を忘れないよう、これからもツッコミどころを精力的に
探し、島民には積極的にインネンをつけたりしようと思いました。
>あと何回とか今は考えたくない
考えたくないけど1クール=11話なんて取り決めが憎く思えます。
(昔は13話だったような記憶があるんですけど)
でも年末年始を放心状態で迎える覚悟はできてるんで、とことん
燃え尽きてやろうと思います。
 

タイトルまで素敵で

 投稿者:とらい  投稿日:2006年11月27日(月)18時23分20秒
  毎度葉子さんご感想のずば抜けた読み応えに圧倒されてます。
的確な解読と、声が出る程の面白さと、スカッと爽やかなツッコミ。
深い洞察と表現力に感銘を受け、熱い共感と共鳴を呼び起こされ、
癒やされたり慰められたりすると同時に、あーこれでいいんだー!!
みたいな安堵感も抱きます。最高です。ありがとうございます。
なんか陳腐な感想書き込んじゃってスミマセン。
とにかく毎週楽しみにしてます。あと何回かとか今は考えたくない。
ハラコト万歳!!
 

なおさん

 投稿者:管理人 葉子  投稿日:2006年11月24日(金)02時14分32秒
  なおさん、お久しぶりです。
いよいよハラタンがハラタンらしくなってきましたね。
同時に可愛いだけじゃない、かっこいいテンテーの魅力が弾けたのが6話でしたね。
萌えと感動はありがたいのですが、その両方にタッグを組まれると見る側は
恐ろしく体力を消耗しますね。録画を見返し過ぎて、いつ眠ればいいのだという
日々にくたびれ果ててます。(でも幸せ)
またいつか親子三人で船に乗る姿を見せて欲しいものですね。
ピロがお医者さんになるまで、萌えを持続させましょう!
 

noirさん

 投稿者:管理人 葉子  投稿日:2006年11月24日(金)02時06分45秒
  ごめんなさい、noirさん。
BBSのチェックも怠りがちな私を許してください。(謝罪と懺悔)
アホなことばかり妄想してしまいがちな日記ですが、全部テンテーのせいなので
私はそれほど悪くないと自分に言い聞かせる毎日です。
遠距離恋愛で始まった2006。最初はどうなることかと思いましたが
電話という小道具まで駆使して、ハラコトワールドを守ってくれる
Y田先生とN江さんには本当に感謝です。
これからも底なし沼にどっぷり浸かりたいものですね!
 

ご挨拶が遅れまして

 投稿者:なお  投稿日:2006年11月21日(火)03時38分7秒
  久々に書き込みさせていただきます。なおです。
ご無沙汰をお詫びするより先に、葉子さんの6話の感想で舞い上がってしまってます。
もう、ハラタンが海に戻ってきたというだけで幸せいっぱいですが、5話6話と、感動と萌えは両立するのね!と(というか、萌えは感動についてくるものなのかと)再確認した次第です。
ハラタンは海にいるときが1番かっこいい。
テンテーは医者でいるときが1番かっこいい。
それ以外が抜け作だろうとラブラブだろうと、魅力がプラスされるだけじゃありませんか!
もう島ぐるみでハラコトバックアップ体制が整ったようですし、後はどうとでもなると。
他の不幸は、今は頭から抜け落ちてます…ああ現金。

きっとハラタンはこの先、豊漁祭で毎年先頭を切ることになるのでしょうが、何年か先、ピロが医大に受かったときか、医師の国家試験に通ったときに、いっしょに船に乗ってるところなんかも見てみたい、なんて思ったりもしました。萌えとはまた別の話ですが。
 

お久し振りです!

 投稿者:noir  投稿日:2006年11月16日(木)20時59分6秒
  こんばんは。お久し振りでございます、noirです。
お帰りなさいませ!
日記を拝読するたびに葉子さんのハラコトパワーには感服してしまいます。
あのハラタンのピロへの謝罪は、テンテーとヤってしまったことに対しての懺悔の言葉だったのですね(笑)
それにしても、同じ空間に居るというだけで何故ああも危険な雰囲気を出せるのか、いつも不思議に思ってしまいます。
これがハラコトの醍醐味なんでしょうか。一度はまったら抜け出せない底なし沼のような魅力。それがテンテーのフェロモンにあるのだとしたら、ハラタンは第一の犠牲者です。
2006は楽しみと不安と期待といろいろ交じった感情でスタートを切ったのですが、ところどころで差し込んでくれるハラコトシーンには本当に救われています。深夜の電話は、まるで実写版同人誌のような展開でしたね。あれには本当にびっくりしてしまいました。

今後も葉子さんの愛溢れる感想文、楽しみにしております!
 

ありっささん!

 投稿者:管理人 葉子  投稿日:2006年11月16日(木)01時54分38秒
  お久しぶりです。
もしかして5話は感動したり泣いたりするのが正しいのかと
思いながらも、結局最初から最後までで悶えてしまいました。
ああ、ハラタンはやっぱりステキ!
海に帰ったら顔つきに精悍さが蘇りやがりました。

「暴走編」・・・ギクッ!
 

よーこさん

 投稿者:ありっさ  投稿日:2006年11月14日(火)02時34分20秒
  日記にての5話の感想・・ステキすぎます。いちいちうなずいてしまいました。


あと・・「暴走編」をまったりと・・待っている一よーこさんファンがおります。
 

/17