teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


がんは怖くない・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 6月24日(土)03時41分54秒
  本日は旭川厚生病院でCT検査と24回目の化学療法を受けてきました。点滴を受けながら

ベッドについているモニタTVで石川海老蔵さんの奥さん、昌央が乳がんで34歳という若い命を奪

われをたニュースを聴いていました。

私の診療してきた30歳という年代で「がん」ですと言われた患者さんの多くは「不治の病」とい

うことが第一に頭に浮かんで

「あー、私の人生はこれで終わりだ」と、大部分の人は落ち込みました。

もう少し年を取ると「否認」(自分が死ぬわけがない)や「怒り」(なぜ私が今死ななければな

らないのか)。時間の経過とともに各ステップを乗り越えて最終的に

「受容」(死が避けられないという事実を素直に受け入れようとする)という段階に到達するよ

うである。

私の場合はS状結腸がんの診断がついてから約2年間院長業務の段取りがつかなく、早期治療はで

きませんでした。2年後に後にやっと仕事の段取りを事務部長に任せて術患になれました。

がんの治療は今は大変進歩しているので、治療が遅れても全然焦ることはありませんでした。

がんでない他の病気と同じように治療して治そうという気持ちでした。

がん細胞は自分の体の一部なので悪性化はしていますが、まア、仲良く笑いながらもう10年間も共生しております。

高齢化社会のいま三人に一人ががんで亡くなっております。(日本人の死因のトップ)なので、高齢者の

普通の病気のになってしまいました。でも落ち込むことはありません。「笑いは治癒力」です。一にⅠ回は腹

の底から笑いましょう。

人は病気で死ぬのではありません。寿命で天国に召されるのです。










 
 

やっぱり抜けますか

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 6月19日(月)09時20分55秒
   篠田君の頑張り日程拝見、でも去年の講義内容は抜けていますか。
そうだよね、納得します。
 当方は、先ほど読んだ資料の重要なところも、話始めようとすると
すべて頭の中から消えています。
 ために、パワーポイントのページは忘れてもいいように
メモだらけになります。カッコよくアニメなど使う余裕がありません。
 

私も元気…!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 6月17日(土)22時09分20秒
  最近の世相は、高齢者神話が崩れ、前期高齢者も後期高齢者も積極的に第2の人生を積極的に追及しているようです。これは大事なことです。私たちの寿命が延びたので、人生の二毛作が可能になってきているのです。

第2のライフワークを成し遂げる可能性が生まれたのです。

私の日常を例として紹介します。

今週月曜から水曜までは山部診療所9時から15時まで。

木曜は北の峰病院の回診。外痔核1名、陥入爪2名、肩凝り2名、腰痛症2名。

木曜午後は富良野看護学校の講義,第4講目、今週は「医学概論」の最終講義(7回目。)

来週からは「呼吸器の解剖と生理」(5回の予定)

そのあとは「病理学総論」(7回)

講義を受け持って面白いのは去年まで何を教えていたかすっかり私の頭から抜けているという事実。

講義の前にしっかり予習をする。これが自分の勉強になるんだな。

十月の同期会は私もウイークデイなので出席できません。夏に「古い顔の会」やりませんか。





 

みんな元気ですね

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 6月 9日(金)10時53分8秒
   皆、それぞれ元気に動けてるのがいいですね。
 小生もそれなりに、明日午後は横浜で神奈川日中協会の皆様に、
「横浜とシルク貿易―日中シルク貿易協定30年の歩み」と題して
講演します。
 集まりの代表者から、専門的にならないようにとの指摘あり、
横浜―神奈川全体にかかわる話に元の構想原稿を変更しています。
 調べていくと面白いことが次々と、久しぶりにこの分野に取り組んだのですが
また引き込まれそうです。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1878123675809808&set=gm.1432479813470149&type=3&theater

 

老骨にムチを打って

 投稿者:早川澄  投稿日:2017年 6月 9日(金)09時53分48秒
編集済
  篠田君、動けるうちは、社会に参加して少しでも役に立てるのは

良いことだと自己満足しつつ老骨にムチを打ち、朝8時前から夕方

5時少し前まで月曜日から金曜日まで、時には休日の出勤も加えて

働いています。

いつまで続けられるか判りませんが、仕事から解放され、少し楽しんでから

息の根を止めたいと願っています。

南高の同期会は10月16日(月)のようですので出席できません。

札幌には毎月、一度は帰っているので「古い顔」の仲間とはどこかで

会えれば良いなあと思っています。

大谷選手は巨漢で、家内に写真を送ったら、「お父さんは椅子に座って

写したかと思った」とからかわれましたが、礼儀正しい好青年でファンに

なりました。

 

久しぶりにお顔を拝見・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 6月 2日(金)21時18分18秒
  早川君、上田君ご無沙汰しておりました。

久し振りの二人のお元気そうなご尊顔を拝することができまして嬉しく思っております。

日本では今後は隠居生活は許されないみたいだよ。

今は前期高齢者、その次は後期高齢者。80歳過ぎたら末期高齢者。それでも仕事はやめないで、

「一億総活躍、(息の根が止まるまで働きなさいという意味のようですけど。)」


それにしても、大谷選手は巨漢だね。早川君とこんなに慎重に差があるとは!

 

皆さんありがとう

 投稿者:上田勉  投稿日:2017年 5月31日(水)06時52分1秒
  やっと落ち着いたと思ったら、6月8日から議会です。
市長も変わったので代表質問します。
14日ごろになると思いますが、議会中継もありますので議会にアクセッしてみてください。
該当した時のを送ります。
今のところあと4年は持ちそうです。
議長には2票差で負けましたが教育・福祉関係の常任委員長になりましたので関連事業の院展目指して頑張ります。
FBで少しづつ流しますのでご確認を・・・
 

太谷選手

 投稿者:早川澄  投稿日:2017年 5月29日(月)04時22分30秒
編集済
  先週、仕事がらみで日ハムの二軍球場、合宿所のある

千葉県鎌ケ谷に行き大谷選手に会う機会がありました。

一緒に写真を撮りましたが、私は彼の肩のあたりまでしか

身長がなく、改めて彼の大きさに驚かされました。
 

スズランが咲きました

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 5月 5日(金)23時39分31秒
   北海道は30度の暑さ、東京以上だな。恐れ入りました。
東京の25度前後ですが、おかげでスズランがすっかり咲きそろいました。
我が家の周りは草花多いので、そこら中が花だらけです。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1878123675809808&set=gm.1432479813470149&type=3&theater

 

辛夷が満開・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 5月 5日(金)22時29分8秒
  ここ二日ほど暑い日が続いたので辛夷が満開。

桜も追いついて明日は満開になりそう。

富良野の春はめまぐるしいです。

そういえば、年寄りの侍も昔は「こぶし(古武士)」と呼ばれていましたね。
 

北国の春・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 4月30日(日)21時39分15秒
  本州では真夏日というニュースをテレビで見ますが、北海道はまだまだ寒い日が続いています。

今は辛夷の花があちこちの山の斜面で見られるようになり「あー、もうすぐ桜の時期かな」と

思わせてくれる今日この頃です。

玉葱の苗の植え付けも始まったようで、通勤の帰り道に朝真っ黒だった畑が帰りには一面に

薄緑色の玉葱の苗に覆われていくのを見て、この広い畑が6月にはすべて緑一色に変わるのが

待ちどおしい。

ちょうど今富良野はグリーンアスパラの時期です。うまいぞ。アスパラ次はいよいよメロンの時

期になります。
 

さくらが始まりましたね

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月30日(日)13時18分43秒
   今日の札幌は天気が悪いみたいですね。でも、さくらが咲き始めたとか、
遅い春の始まりか。
 我が家の狭い庭のスズラン(北海道スズランは消えてしまって、今咲いているのは
ドイツスズランの様です)の花芽が立ち上がり始めています。GWの終わるころには
スズランが楽しめそうです。
 GW出歩きたいのですが、お金もないしね、良き天気の下ゴロゴロしていましょう。
 上田君は、前回より33票増加とか、この間の働きが評価されたのでしょうね。新しい
任期も大いに活躍してください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1878123675809808&set=gm.1432479813470149&type=3&theater

 

ご活躍を

 投稿者:福田 勝美  投稿日:2017年 4月29日(土)18時07分31秒
  遅ればせながらおめでとう。

益々の活躍を祈念いたします。

お身体大切にして下さい。
 

おめでとう

 投稿者:川原田信  投稿日:2017年 4月24日(月)06時56分58秒
  上田君おめでとう。ますますの御かつやくを!  

おめでとう

 投稿者:早川澄  投稿日:2017年 4月24日(月)02時37分37秒
  上田君、当選おめでとう。

しかも、6位当選とは、素晴らしい。

益々の活躍を祈っております。
 

当選です。

 投稿者:上田勉  投稿日:2017年 4月24日(月)01時16分57秒
  6位、1121表前回より33票プラスです。
新しいふるさとづくりの開始です。
 

頑張っていますね

 投稿者:早川澄  投稿日:2017年 4月23日(日)08時30分54秒
編集済
  上田君、フェイスブックで健闘の様子を見ています。

頑張っていますね。良い知らせを待っています。私にも元気をもらっています。

西君、友井さんの件は厚谷さんにメッセージを送っています。

そのうち、連絡があるかと思います。

昨日、今日と二週間振りの休日、今日は天気も良いので小石川後楽園を

散策するつもりです。

 

戦いが終わった

 投稿者:上田勉  投稿日:2017年 4月22日(土)23時16分37秒
  東松島市議会選挙があり、小生最後の挑戦をしました。結果は23日投票、午後11時ごろには判明すると思います。  

URL間違い

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月19日(水)16時01分29秒
   下記の書き込みで、URLの記載が間違えました。訂正します。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1878123675809808&set=gm.1432479813470149&type=3&theater

 

友井さんは

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月19日(水)15時58分8秒
   Facebookの「北海道夕張市ゆかりの会」に数日前、南清水沢の石油スタンドが
経営者が変わったようだと書いていました。
書き込みの中で、本体の社長の友井さんが、2月に亡くなった影響ではないかと
しています。
 同級の友井さん関係のことだと思いますが、お父さんか関係者が亡くなったと
いうことでしょうか。
 Facebookの上では詳しいことはこれ以上かかれないでしょうが、何か分かった方は?

http://https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1878123675809808&set=gm.1432479813470149&type=3&theater

 

思い出に

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月16日(日)12時57分44秒
  川原田君、思い出につながってよかった。
夕張周辺は、鉄ちゃんにとっては魅力的な被写体で、あちらこちらに
写真があります。
小生、大夕張千年町生まれだけど、最初に夕張地区を離れたのは小学校に
入る1,2年前清水沢から、街並みの記憶にわずかにあるだけ、その後の
夕張地域在住は、高校2,3年の2年間だけですので、地名、場所の記憶は
あるが、思い出は南高の校舎の中だけです。
考えてみれば、転勤族というやつはわびしいものですね。
 

沼の沢

 投稿者:川原田信  投稿日:2017年 4月15日(土)09時41分1秒
  西君、沼の沢商店街や沼の沢駅の写真ありがとう。木下君や西田君も懐かしく見たとおもうよ。私たちが南高校に通学

していた沼の沢駅は、この一代前だと思う。真谷地線の沼の沢終点も写っている。そこから沼の沢駅に渡る桟橋も写っ

ている。六十年くらい前に戻ったようだ。ありがとう。
 

夕張は雪ですか

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月12日(水)12時13分11秒
  Facebookの友人の投稿を見たら、夕張はすごい雪ですね。
庭の草木が咲きまくっているところから見ると、いやはや。
昨日東京もつけたい雨の一日でしたが、それが行ったのですね。
遅い雪は知らないわけではないが、4月半ばの冷たい雪とはね。
 

古い夕張の写真

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月 9日(日)14時26分34秒
   偶然、鉄ちゃんのサイトにぶつかり、夕張や真谷地、沼ノ沢などの写真がありました。
1970年頃に撮影されたようで、サイロは以前から開いていたものですでに見た方も
あるかと思いますが紹介しておきます。

 http://nigochu.xsrv.jp/yubari.html
 

あと千回の晩飯・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 4月 2日(日)20時43分36秒
  山田風太郎の本に「あと千回の晩飯」というのが朝日文庫からでています。

彼は病気でもなんでもなく72歳の時にこの本を書き始めた。

2001年の7月に肺炎か何かで78歳で亡くなったのですが、私自身は

昨年の3月10日「西君の誕生日」に偶々千葉の稲毛の放医研で6ケ月検診を受けていて

主治医から「肝転移が見つかりました」と報告された瞬間に、この本を思い出し「あと何回晩飯が食えるか

な」と思っちゃいました。8年も9年もがんと共生しているといざというときに考え付くのは

こんなことなんですね。昔読んだ山田風太郎の文庫本がいつも目に付くところにあったせいもあります

けどね。

石川啄木がこんな詩をのこしています

   「こころよく我に働く仕事あれ
    それを仕遂げて しなむと思ふ」

まーまー啄木的に言うとこころよく満足のいく人生なのでいつでもしなむと思っています。、「西君」の言う

ように「まだ現役でバリバリと」看護学校で「医学概論」の講義を力いっぱいやるつもりです。

30人の新看護学生相手だもんね。自然に講義に力がはいるよ。体力の残っているうちは愉しく暮らして

いるから皆さん、ご安心を。同時に皆さんと沼田先生のご健勝を祈っております。






V





見つかりました。と報告された瞬間に
 

ヒャーびっくりさせないで

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 4月 2日(日)11時35分53秒
   西君のようなまじめな人間を、びっくりさせないで!
読みながらしかるべく気持ちを整理しておかなければならないのかと、

 まだまだ現役バリバリとやっているのですから、人を驚かせず、
楽しくやりましょう。
 富良野も暖かくなりだしたのかな。こちらは春の温かさの中に、
冬の寒さが戻ってきたりでガタガタしていますけれど、楽しく
ボランティアをやっています。少々酒が過ぎているとは認識しています。
 

新スタート・・・・!

 投稿者:篠田 悠一  投稿日:2017年 4月 1日(土)20時03分7秒
  今夜は、いつもよりももっと厳粛な気持ちでデスクトップに向かうことになりました。

いかにそのわけを簡単に説明します。実は大腸がんの再発で平成20年から治療を受けていました。

仕事や生活はほぼ普通にできていました。

昨日旭川厚生病院で化学療法の点滴を4時間受けてきました。

その時の主治医のふとした言葉が気になり一晩そのことを考えてその結果、結論が

このお便りです。

 主治医の言葉は「この治療が効かなければ次は動脈穿刺をして抗がん剤を直接肝腫瘍にカプセルで

いれましょう。」と極めて小さい声で私の耳元で囁いてくれました。

つまり私の肝臓に転移したがんは「いつかは(ヒョットしてもうじき)私の命を奪う」と説明してくれたわけです。(CT画像ではかなり大きくなっています)

エピリルフールと重なって面白い記事になったでしょう。?

4月からも月、火、水と山部診療所に勤務、木の午前は北の峰病院に、木の午後と

金は富良野看護学校の講義と命のある限りしっかりと生きていきます。

現世をしっかり生きることが肝心だといまは亡き駒ケ嶺君も言っておりました。

「古い顔」の諸君、これからも楽しく仲良く、沼田先生と共にやっていきましょう。!

これを書いている間中、昭和36年11月に出た村田英雄の「王将」(西城八十作詞、

船村徹作曲)を大学入学当時(昭和37年のゴールデンウィークの柔道部の合宿の間歌いっぱなし)を

思い出しながら2時間かけっぱなしで聞いています。いつ聞いてもよい歌詞です。今度の

「古い顔の会」で一緒に歌いましょう。
 

久し振りの投稿です

 投稿者:福田 勝美  投稿日:2017年 3月13日(月)17時46分12秒
  上田君は再挑戦ですか、御身大切に頑張って下さい。

早川君も頑張っているようですが、お体大切にしてください。

3月5日西君より少し前に皆様と同年齢です。
 

同じ年齢に

 投稿者:西忠雄  投稿日:2017年 3月10日(金)11時35分46秒
   本日を持ちまして、皆様と同じ年齢になりました。
でも、みんなは先に行っているのですよね。
何時もの通りゆっくり行きます。
 新しい歳もよろしくお願いします。
 

まだ、まだ

 投稿者:早川澄  投稿日:2017年 3月 1日(水)08時17分29秒
編集済
  健康が維持でき、求められ、活動の場があれば「1億総活躍時代」との
言葉通りに社会に役に立てるのはとても良いことだと思います。

私も幸い、全国で「官能的な町」として1位にランクされた文京区に住みながら
まさに老骨にムチを打ちながらリ・スタート、それなりに楽しんでいます。
皆さん、それぞれの環境の中で、そう長くない人生を楽しく生きましょう。

最近、南高の7年先輩の「今野勉」さんが「宮沢賢治の真実」という本を
書き下ろし出版されました。良い手本にしたいと思います。

 

レンタル掲示板
/47